建売住宅を購入して15年目に外壁塗装を行いました

建売住宅を購入して14年経過し外壁塗装を検討

建売住宅を購入して14年経過し外壁塗装を検討外壁塗装は地元密着で評判の良い塗装業者に依頼1週間ほどで完了し塗装後は新築時の美しさを取り戻した

建売住宅を購入して14年が過ぎた頃、外壁に細かいクラックが増えている事が気になりました。
外観自身はまだ綺麗ですが、壁面を指でなぞると白い粉も付くようになっていました。
これは、外壁塗装を行うべきサインだと言う知識があったので、これ以上放置していると雨水が外壁内に浸透し、住宅の梁や柱を濡らして、住宅寿命を短くする恐れがあるので、思い切って塗装し直す事に決めました。
気付いたのが真夏だったので、少し涼しくなり、台風が襲来する時以外は天気が安定している秋に施工してもらおうと、塗装業者さんをどうするかを考え始めました。
大手リフォーム会社経由でお願いするか、地元で評判の良い業者さんのいずれにすべきか、少し考えあぐねていました。

雨続きで延び延びになっていた外壁塗装も昨日で完了し、ようやく外に洗濯物を干せるようになった\(^o^)/今日は家の片付けもはかどったので気分がスッキリ♪あともうひと頑張りすればドール時間を作れるかも(∩´∀`∩)
ということで今回も過去画像で。
#momokodoll pic.twitter.com/fJWAKQxUYa

— こけし (@kokeshi_ningyoh) 2019年12月4日
そんな時、同じ頃に建売で販売された何軒かの住宅に比べて、我が家の外壁が綺麗で大きなクラックの入っていない事に気付きました。
我が家の塗装をした業者さんの腕が良いのではと思い、住宅を販売していた不動産会社に、担当した塗装会社を教えてもらいました。
その塗装店は、地元密着で評判の良い業者さんだと分かり、そこにお願いする事にしました。
外壁塗装は比較的費用の掛かるメンテナンスのリフォームで、相見積もりを取るべきと良く言われますが、中々相見積もりを取り、選定すると言う勇気もなく、まずは費用面より、信頼できる業者さんを優先しました。